コラム

2019.04.18

「あなたはあなたでいい」「こんなに頑張れる子」~先輩保護者の受験応援談~ 2019-03月号

〇今年は桜の開花も早そうです。今月29日(東京エリア)、31日(千葉エリア)成果発表会で、新しい門出を迎える皆様のお祝いさせていただきます。

〇先月から東京・千葉エリアでスタートした「進路情報説明会」は先輩ご本人や保護者の方から直接聞ける貴重な機会、内外部からのお申し込みで満席の教室もあり、大好評。

・東京都立特別支援学校に合格したA君のお母様

「受験に向けて親ができることは面接のネタづくり。家でトイレ掃除を担当してもらい(最初はうまくできなくても毎日やることが大切!)、学校の先生のコメントや実習の評価を参考に、本人のネタ(アピールポイント)を一緒に考えて、面接に生かした」「子どものことはよくほめる。時には『しょうがいがあってイヤだった』と言ったこともあったが、『Aが大好きだよ。あなたはあなたでいいよ』といつも伝えている」

・千葉県立特別支援学校に合格したB君のお母様

「最初の模試の結果に衝撃を受けたが、先生に『ここからの頑張りが大切』と励まされた。直前には模試や講習の教材をコピーし解答用紙を手作りして毎日のように取り組んだ。本人の気持ちを親もあきらめずにサポートすることが大事。部活との両立はハードだったが、本人は一度もやめたいと言わずに頑張った。こんなに頑張れる子だと思わなかった」など、他の教室の説明会でも親御さんの思いにふれる素敵なお話が続いています。

〇東京都教育委員会の委託事業「コミュニケーションアシスト講座」(困り感をもつ都立高校生の特別講座)も都内2会場に81校から187人の生徒が受講して今年度が終了。委託事業部長・濱野を中心に、ベテラン赤塚から上田、濱上の若手たちがさくらんぼ流SSTで今どきの高校生と向き合ってきたこの講座、「参加してよかった98%」「講座の内容を高校生活に生かすことができた92%」という成果につながりました。「黙っている時は何か考えているふりをしているだけ。そんな時は話しかけてほしい」そんな高校生たちの声を来年度の企画・プレゼンにつなげていきます。 (伊庭葉子)

↑市川市文化会館の桜、成果発表会に間に合いました!(^^)!