コラム

2018.11.03

また来年、会おう! 第3回社会人クラス研修旅行@日光 2018-10月号

◆9月29日(土)、全教室の社会人クラスの皆さん103人と社員スタッフ総勢137人で、憧れの特急スペーシアに乗って日光へ! さくらんぼ教室恒例「大・名刺交換会」から始まり、そば打ち体験や東照宮拝観、お土産ショッピングなどあっという間の一日。生徒さん一人ひとりの楽しい個性!×仲間同士の優しい気づかいや行動力が本当に素晴らしく、全員が終始笑顔の楽しくてにぎやかな秋の一日となりました。旅は「初めての体験」「初めての場所・人」の連続ですが全く問題なく楽しく行動でき(小さい頃は苦手だった人、多数)、出会う人にはきちんと挨拶できる礼儀正しさは、さすが社会人クラス。グループごとにそば粉まみれになって協力して打ったお蕎麦が茹で上がると、大皿からお互いがほんの少し譲り合いながら美味しそうに召し上がっていました!(^^)!

◆参加メンバーには「昨日は1時間残業した後、自動車の免許が取れたお祝いにお母さんにお寿司をご馳走した」という人もいれば、「前の職場を離れて充電中」の人も。漢字検定のテキストを持参した人、ドラえもん雑誌を持ち込み楽しそうな女子、最近英語を始め英語で話すようになった!人、「仕事でピザを作っているから」とそば打ちが職人さんレベルだった人、得意なスポーツで全国大会出場が決まった!人、AKBファン、電車ファン、自作のイラスト集持参の画伯、自称「幹事長」として活躍する人、お菓子を配ってくれる人、それを分けてあげる人・・・ワイワイにぎやかに話ができる時間もまた貴重だったようです。お土産売り場では「両親に」「おじいちゃん、おばあちゃんに」「職場の人に」・・・とじっくり選んでいました。

◆「この旅行で懐かしい先生たちにも会えて話ができて、自分を覚えてくれている人がいるとわかった。今年は20才になるから親孝行もしようと思って、お土産も買いましたよ。年中からさくらんぼ教室に通っていて良かった」帰りの電車で偶然一緒になった生徒さんの言葉が忘れられません。人間関係が器用でない人も理解し合える温かい関係を望んでいること、うまくできないことも長期間寄り添ってくれる人がいれば頑張れることを教えてくれる、社会人クラスのみなさん。また一年頑張って、来年も会いましょう!                                  (伊庭葉子)