コラム

  • さくらんぼ教室

    2020.08.31

    さくらんぼ教室だより 2020-09月号

    30周年に向けてPart2 「大丈夫」ずっとつながっている ●「どうして、さくらんぼ教室という名前にしたのですか?」よく聞かれます。30年前、ささやかな学習教室を立ち上げるチラシを作る際に「何か名前をつけなくては」と、「親子がつながっているイメージで、さくらんぼ!」と決めた一瞬を今も覚えています。当時は自前の教室はなく、公民館に保護者の皆様が朝から並んで場所取りをしてくれました。不便な会場へ
  • さくらんぼ教室

    2020.08.31

    花緑師匠の「さくらんぼ」が素敵! 2020-08-31のさくらんぼ

    30周年記念イベント(10/18)のスペシャルゲスト・柳家花緑師匠がさくらんぼ教室のために描いてくださいました! さくらんぼが師匠のお隣で座布団に座っています♪ 花緑師匠は話すことの天才!というだけでなく、絵が得意であることも知られていますね。 ありがとうございます! 素敵なさくらんぼ30周年記念グッズに変身する予定です! お楽しみに。   &nbs
  • さくらんぼ教室

    2020.08.31

    東京教室・元気いっぱいの土曜日 2020-08-29のさくらんぼ

    土曜夕方の東京教室は、中学生と高校生で賑やか 教室スペースを最大限に活用し、換気タイムを設定して頑張っています! 生徒さんは300人超。 初めて体験に来た子、今日でいったん卒業する高校生、新しい出会いと卒業を繰り返しながら成長してきた都内最大のパワフルな教室!    
  • さくらんぼ教室

    2020.08.31

    特別支援学校で全校研修 2020-08-28のさくらんぼ

    先日、県内特別支援学校の全校研修に伺いました。 太陽に向かって懸命に咲く向日葵は、この学校の生徒さんたちが学び、生きる姿と重なります。一人ひとりを大切にする教育と保護者の方との共働について、先生方と共に考えました。 校長先生(なーんと、私の高校時代の親友という素敵なご縁が!)、お世話になった先生方、ありがとうございました。    
  • さくらんぼ教室

    2020.08.31

    「コロナにかからないお守り」なのだ! 2020-08-25のさくらんぼ

    感染防止×猛暑の日々、日当たり抜群の教室はSOS! フェイスシールドでの授業は酸欠の危険も。 氷柱がほしいっ!!(実際に津田沼教室の冷凍庫には水が入ったペットボトルの「氷柱」が準備されていました!) そんな中「コロナにかからないお守り」を送ってくれたのは、やさしい〇〇君です。効果絶大な気がしますね。 ありがとう~!!  
  • さくらんぼ教室

    2020.08.31

    柳家花緑師匠が語る『多様性』 2020-08-20

    柳家花緑師匠のインタビュー記事(日本財団)、なんて力強いメッセージでしょう! 『僕が手に入れた発達障害という止まり木』(幻冬舎)の著者・花緑師匠は、さくらんぼ教室30周年記念イベント(10/18)のスペシャルゲストです!! 「子どもたちの力になれるなら」とご快諾いただきました。間もなくご案内を開始します。 https://www.diversity-in-the-arts.jp/stori
  • さくらんぼ教室

    2020.08.14

    「発達障害」を探求する高校生! 2020-08-13のさくらんぼ

    昨日、「発達障害と共に歩む」社会に向けた課題解決に取り組む都立高校生からインタビューを受けました。発達障害という大きなテーマと向き合う、その瞳はまっすぐで輝いていました! 将来は医学の道を志したいというみなさん。個性を尊重し合える若い仲間が増えた気がして嬉しいです!頑張ってください! (インタビューはソーシャルディスタンスを保ちつつ、記念撮影で、さくらんぼマーク!)  
  • さくらんぼ教室

    2020.08.14

    ありがとう30周年その2:あの頃の「夏期講習」

    あの頃の「夏期講習」、チラシを見れば、遠足、プラレール同好会、アート、夏祭り…20年前は遊んでばかり?(笑) 毎年社員総出でお化け屋敷を作っていました。放デイとか、なかった時代。とても楽しい時間でした。    
  • さくらんぼ教室

    2020.08.14

    ありがとう30周年その1:「こわい話」2020-08-11

    ありがとう30周年シリーズ第1弾!教室がワンルームだった頃の「何でもノート」は思い出いっぱい。昨日、24年前の「こわい話」発見!この生徒さんが今も幸せで楽しい時間を過ごしていますように。そして③「シリー」とは? あまりに「シリー」が気になって、飼い犬の名前を「シリー」に変えてしまいたいくらいです・・・!    
  • さくらんぼ教室

    2020.08.14

    さくらんぼ教室だより2020-08月号 祝・30周年その1   柳家花緑師匠はしゃべることの天才!

    ●落ち着きのないことで目立っていた幼稚園時代。先生に「お宅はどういう教育をしたんでしょうか」と言われた母。小学校時代のあだ名は「バカな小林くん」。読み書きが苦手だから、教科書が読めないし黒板に書かれたことをノートに写すこともできない。一番つらかったのは授業中に「何ページの何行目から読みなさい」と立たされるとき。必死に一文字ずつ追ってもつっかえつっかえ、緊張してますます読めない小林くんをクスクス笑う
1 2 3 4 5